高岸のコジュケイ

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2~3項目合致するような事例のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しているのです。
福島市で近所にバレずに自宅を売却したい方必見!資産整理ならリースバック!
ストレスがかかり、溜まるという構造や、有用なストレスのケア方法など、ストレスに関係している基本的な知識を保持している人は、さほど多くはありません。
強い痛みを伴うヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあってクッション的な役目をしている椎間板(ツイカンバン)という名前の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出した状態を称しているのです。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を悪くしたり突然変異を誘発する人体に有害な物質を体の中で無毒化し、肝臓の性能を促す力が明らかになっているのです。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名で、免疫不全となって些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症してしまう病状を指し示しています。
WHOは、人体に有害なUV-Aのデタラメな浴び過ぎは皮膚の病気を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を強く世界中に提起しています。
心筋梗塞というものは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が狭まってしまって、血流が止まり、大事な酸素や栄養が心筋に送られず、ほとんどの筋繊維が死ぬ恐ろしい病気です。
今時の病院のオペ室には、洗面所や器械室、手術準備室(operating preparation room)を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置するか、近距離にX線用の専門室を付属させるのが常識である。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、つまりはまるい形状をした赤っぽい湿疹など皮膚症状の総称ですが、誘因は非常に多種多様だということができます。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の両者の手段が精力的に実施されています。
ふと気が付くと横向きのままでTVを見ていたり、片手で頬杖をついたり、かかとの高い靴等を毎日履くというような習慣は身体の左右の均衡を悪化させる要因になります。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もしなくても燃焼する熱量であり、大部分を体中の骨格筋・最大の臓器である肝臓・頭部の脳の3つで使うというのが今や常識となっています。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、1週間もきちんと服薬すれば、一般的に8割~9割の患者さんの自覚症状は良くなりますが、とはいえ食道粘膜の炎症反応が完全に引いたわけではないので注意が必要です。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もよくある中耳炎で比較的小さな子供によくみられる病気です。強烈な耳痛や38度以上の高熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのありとあらゆる症状が出ます。
細菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物、即ち病原体が口から肺の中に進入し感染してしまい、肺の内側が炎症反応を露呈している状況を「肺炎」と断定しています。